よくある質問

導入に関して

  • ハヤレジを導入した際の効果は?

    ・電子カルテ・レセコンとの連動により、請求金額の打ち間違えがなくなります。
    ・自動釣銭機との連動により現金授受のミスがなくなり、それに伴う患者様とのトラブルがなくなります。
    ・スタッフのレジ業務や精神的負担が減り、接遇の向上、医師からの指示に集中できます。
    ・レジ締め作業による残業がなくなります。

  • どのような運用パターンがありますか?

    患者様からの預かり金を受付スタッフが精算する「自動釣銭機レジ運用」と、受付スタッフが請求金額をセカンドモニターに表示させて患者様がお金を投入する「セミセルフレジ運用」があります。

連携等に関して

  • レセコン・電子カルテの連携には費用がかかりますか?

    システム価格に含まれおります。
    ※連携の費用は別途必要になる場合があります。カルテ・レセコンの導入業者様にお問い合わせください。

  • レセコン・電子カルテとの連携実績はありますか?

    多数のレセコン・電子カルテとの連携実績があります。
    ※連携実績のない機種はカルテ・レセコンの導入業者様と連携仕様を確認の上、弊社にて連携インターフェースの開発を行います。          
    ※クラウド型に関しては連携が難しいケースが多いです。

クレジットカード決済・電子マネー決済に関して

  • クレジットカード決済・電子マネー決済は対応していますか?

    オプションにて対応しております。
    クレジットカード決済代行会社JMSの「JMSおまかせサービス」をご利用いただくことで、主要なクレジットカード・電子マネーを取り扱うことが可能になり、様々なカード会社からの振り込みが1本化され、入金確認がスムーズになります。
    ※JMS(株式会社ジェイ・エム・エス)は、JCB・三菱UFJニコス・UCカードの出資により設立されたクレジットカード決済代行会社です。

  • 対応可能なクレジットカード決済端末は?

    下記機種との連携オプションプログラムを準備しています。
    オムロン製(CATS300)
    Panasonic製(JT-C17)
    東芝TEC製(CT-5100)

  • 現在利用しているクレジットカード決済端末をハヤレジで利用可能ですか?

    上記以外の機種については仕様確認の上、回答とさせていただきます。

  • 将来的に電子マネー決済が追加になった場合は、対応出来ますか?

    オプションプログラムにて対応可能です。

  • スマホ決済は対応していますか?

    順次対応の予定です。

精算に関して

  • 現金精算後、電子カルテ・レセコンで変更があった際、返金はできますか?

    ハヤレジの取消処理にて返金可能です。

  • 負担金額が誤っていた場合の対処方法は?

    電子カルテ・レセコンの連携仕様により異なりますが、未精算であれば上書きされ、精算済みであれば差額がハヤレジに連動します。

  • 会計業務で自費保険から健保保険に変更になった場合の対処方法は?

    電子カルテ・レセコンの連携仕様により異なりますが、自費保険での負担金と健保保険の負担金との差額がハヤレジに連動します。

  • 未収金の対処方法は?

    ハヤレジから未収金・返金リストが出力されるので、電子カルテ・レセコンに入力する必要があります。
    一部の電子カルテ・レセコン(富士通製)であれば未収金・返金処理の連携まで可能です。

  • 支払いの一部を現金・一部をクレジットカードに分割して精算できますか?

    保険診療分を現金、自費分をクレジットカードに分割して精算は可能ですが、保険診療分を現金とクレジットカードに分割して精算することは難しいです。

締め処理

  • 締め処理の際に、決まった額のつり銭枚数を残して本日の売上のみを回収できますが?

    決まった額のつり銭枚数を残して、売上のみ回収可能です。
    売上回収後、枚数の不足している釣銭は、翌日、システム起動時に準備金確認画面が表示されますので、不足分を補充していただきます。

  • 現金決済・クレジットカード決済・電子マネー決済ごとの入金日報の印刷は可能ですか?

    決済方法ごとの入金日報の印刷は可能です。

  • 患者別の日計表の確認は可能ですか?

    ハヤレジの画面にて確認可能です。

  • ハヤレジで精算を行った患者リストの確認は可能ですか?

    ハヤレジの画面にて確認可能です。

  • 使用台数の制限はありますか?複数台運用した場合の日計表などは合算されますか?

    使用台数制限は設けておりません。日計表は各レジ単位になります。

その他

  • 診療(保険診療・自費診療)と物販の売上管理は?

    診療(保険診療・自費診療)・物販の2つの区分で売上管理をしており、売上区分ごとの入金日報印刷が可能です。また、物販のみレシート(領収書)を出力することが可能です。

  • 物販(ドクターズコスメ、コンタクト等)の金額入力をバーコード利用して入力可能ですか?

    バーコードでの入力は可能です。

  • 釣銭がなくなりそうになった時にアラートはありますか?

    設定している最低枚数を下回った時はアラートが表示されます。

  • バーコード読み取り器は卓上タイプも可能ですか?

    選択可能です。

  • 軽減税率に対応しておりますか?

    対応予定です。

  • 新紙幣変更の際の対応はどうなりますか?

    対応予定です。

お問い合わせ

お問い合わせやお申込みはこちらから。
ご質問などもお気軽にお寄せください。

お電話でのお問い合わせ:06-6920-6570

会社名・団体名 ※必須
お名前・担当者名 ※必須
メールアドレス ※必須
電話番号 ※必須
お問い合わせ項目 ※必須
お問い合わせ内容 ※必須